洗顔石鹸乾燥原因対処法って??

お肌が乾燥するというのは、文字通りお肌の表面がかさかさして、潤いが失われた状態のことをいいます。
乾燥の原因にもいくつかあって、そのひとつが加齢による皮脂量の低下です。
女性は20代後半になると皮脂量が低下してきます。
皮脂は天然のクリームとも呼ばれ、お肌の水分が蒸発するのを防ぎ、外部の刺激からもお肌を守ってくれています。
その皮脂量の低下により、お肌の水分は蒸発しやすい状態となってしまうのです。
もちろん、季節的な要因もあります。
暖房器具の使用もお部屋の空気を乾燥させています。
皮脂の分泌量が低下すると肌表面のバリア機能が弱まり、暖房器具などの使用によって空気も乾燥しているため、お肌の水分が蒸発しやすくなっているのです。
皮膚を構成している表皮の中の角質層の水分量が、お肌の乾燥と大きく関係しているのですが、この角質層が何らかの原因で薄くなってしまうことがあります。
そうなると、はがれ落ちた角質層のすき間から水分が蒸発しやすくなります。
生活習慣やストレス、紫外線や加齢などからターンオーバーが乱れることも多いのですが、意外と多いのが過剰なお手入れです。
強いタイプの油性のクレンジング剤を使うとメイクはきれいに落とせますが、メイクだけではなく、お肌に必要な皮脂まで落としてしまうことがあります。
ピーリングやスクラブなどのお手入れを必要以上に行うことでも、角質層はうすくなります。
乾燥しやすい頬や目の周りには充分注意が必要です。
洗顔する時も、洗顔料を充分泡立てて、泡でやさしく汚れを落とすようにします。
マッサージなども力が入りやすいケアのひとつですから、やさしく行いましょう。
このように、お肌が乾燥する原因には、ふだんのお手入れの中で少し気をつければ改善されていくものもあります。
お肌の乾燥に悩んでいる方は、基礎化粧品に頼る前に、一度、お手入れ法を見直してみるといいかもしれません。
洗顔石鹸ランキング!口コミ人気を厳選【管理人おすすめは?】