非常食と日本の関係とは?

数ある保存食品の目的の中に、「非常時の為」と言うものがあります。
あるいは関東大震災の時に、多くの人がその必要性を感じたのではないでしょうか。
大規模な災害が発生した時に、どれだけ科学技術が発達していても食糧問題が発生すると言う事を、これらの震災は教訓として提示したのではないでしょうか。
保存食品については、これらの緊急時に対応するのには必ず必要なものだと言えます。
このような非常時に必要な保存食品については、すなわち非常食ですが、これは元をたどれば軍事用食品として開発されていたものになります。
それも歴史を辿ると、戦争時の保存食品が元になっています。
しかし、それと軍事用食品については、少し意味合いが異なってきますよね。
そこで現代における軍事用食品について言うと、軍隊が災害の時に出動した先で食事をする為の食糧として開発されています。
特に、戦争が起こることのない日本では、自衛隊の国内における役割と言うものは、主に災害時の対応と言うことになります。
その時のニーズに、軍事用食品、レーションが開発されたと言えます。
地震をはじめ、大規模な水害、火災、パンデミックなど、あらゆる有事に対して消費される為の食品が「非常食」と言うことになります。
そういう意味でも非常食は広義に亘る意味合いが強いですね。
非常食保存食おすすめ