マイクロソフトオフィススペシャリストの資格ってどんなの?

マイクロソフトオフィススペシャリストとは、パソコンのソフトウェアであるマイクロソフトオフィスを使う能力を客観的に評価するための資格といえるでしょう。
資格を認定している主体というのはたくさんあります。
例えば国家資格なら国が認定しているということになりますし、あるいは各省庁が認定しているものもあるでしょう。
業界団体などが認定しているものもあります。
しかしながら、マイクロソフトオフィススペシャリストは、マイクロソフト社が一社のみで認定しているものであるという点で非常に特徴的ではないでしょうか。
マイクロソフトオフィスを使って事務作業をしている企業が非常に多いということが理由の一つかもしれません。
試験の基本的な内容としてはMicrosoftOfficeの操作に関するものです。
試験科目はバージョンによって分かれていますしソフトウェアごとにも分かれています。
このような点があるために、マイクロソフトオフィススペシャリストを取得しても、バージョンが異なれば使うことができないという人もいるという点が批判されることもあります。
マイクロソフトオフィススペシャリストを取得するメリットとしては、マイクロソフトオフィスに関する技術や知識を客観的に示すことができるという点でしょう。
最近ではマイクロソフトオフィス以外のソフトウェアを導入している企業もありますが、やはりビジネスではマイクロソフトオフィスが業界のスタンダードでしょう。
そう考えたときには資格としては非常に価値があるでしょう。
事務系資格取る!仕事に有利なのは?【通信講座スクール人気ランキング】